ワインは自分の好みで味わう!他のお酒と何も変わらない!

日本人はワインの経験値がまだまだ足りないだけ

ビールや焼酎の味は
「俺は(私は)こう思う!!これが好きだ!!」
と、なんのためらいもなく話せるのに、
ワインとなると、途端に言葉に詰まってしまう…。

そんな経験、ありませんか??

 

「ワインを語る=人間レベルが高い」と思う、そこのあなた…

そのイメージ、ちょっとストップ!!

例えば、日本人が焼酎を語るのは居酒屋さんでも見かけますよね。
同じようにイタリア人も居酒屋(バル)でワインを語ります。

日本人が、日本でワインを語るのが苦手なように
イタリア人が、イタリアで焼酎を語るのは苦手だと思いませんか?

そう、つまり
日ごろ飲んでるお酒、簡単に安く手に入るお酒の種類が違うだけなのです!
日本人はワイン経験が少ないだけなんです。

 

居酒屋でビールや焼酎を語るのと同じように、好みで語れればそれでいい!

「そうは言っても、やっぱり日ごろ飲んでるヨーロッパ人ように味が分かるわけではないし…」

そう思った方、思い出してください。
居酒屋でビールや焼酎や日本酒を語る人が、どんな感覚で話しているのか…。

 

みんな自分の好み好き勝手に話してるじゃないですか!!

スーツ姿のサラリーマンや、近所のおじさん達が
「ビールと言えばアサヒのスーパードライに限るよな!」って普通に言ってるじゃないですか。

そんなを横目に
「分かってないなぁ…。キリンの一番搾りだろ!」と、隣に座っている若いお兄さんは思っているかもしれません(笑)

 

そんなものなのです。ワインだって。

みんな、好みで語っているのです

お酒って、本来そういうものですよね。

 

高いワインは美味しいのが当たり前!だから安旨ワインを見つけたい!

10年前に比べて輸入ワインが安く購入できるようになり、スーパーやコンビニでも1000円以下の本格ワインが手に入る時代になりました。

ただ、安い焼酎でマズイものがあるように、安いワインもマズイものがあります。

その中から「これ美味しいじゃん!イケるじゃん!!」というボトルを探すのが、ワイン好きの醍醐味だったりします。

とあるレストランのソムリエさんからも、聞いたことがあります。

「高いワインが美味しいのは当たり前。安いワインの中で美味しいものを見つけるのが、ソムリエの本当の腕の見せ所なんです!」

これを聞いたとき、ものすごく共感したことを今でも覚えています。

 

ビールや焼酎のように、ワインを気軽に楽しんでみませんか?

私はワインを最初、美味しいと思いませんでした。

でも、お酒好きがたたって(笑)手軽に酔えるワインの道にふと進んでしまったのですが…

今では一端にこんなブログまで立ち上げてしまってるくらいです。

 

お酒は好きだけど、ワインに一歩踏み込めない方。

どうしたら良いか分からない方など、まだワインに抵抗がある方。

気軽な気持ちで、一緒にワインを楽しんでみませんか?

 

 

リアルな友人の中でも、ワインの味を気軽に語れる人はまだまだ少なく、それがとても寂しくもあります。

私がビールと同じように話しても「お酒強いね」とか「通だねー」とか、それで終わってしまいます。

自慢とか、自己顕示とか、そういうつもりは全くないのにも関わらず

相手がそういう反応を示してくることが、私にとってはとても残念なのです。

 

だからもっとワイン好きが増えてほしいという気持ちで、ブログを立ち上げました。

このブログをきっかけでも、そうでなくてもいいので

もっと気軽に乾杯できる人が増えてくれたら、嬉しいです!

もしかしたらそのうちの1人が、貴方になるかもしれませんね。

2018/05/31